「いただきます みそを作る子どもたち」あらすじ

あらすじ

舞台は福岡県の高取保育園。

そこでは裸足で園庭を駆け回り、日本の伝統的な和食を中心とした味噌汁・納豆・玄米・旬の野菜を中心にした給食を毎日食べる子ども達がいます。

園では、毎日食べる玄米は子ども達が研ぎ、全園児200人分のみそ汁の味噌100㎏を毎月5歳児クラスが仕込みます。

医食同源に基づいた給食に込められた「いただきます」の意味を子どもたちから教えてもらえる、保育園の1年間を描いたドキュメンタリーです。(上映時間75分)

 

☆「その後のはなちゃんのみそ汁」GIFT 同時上映

保育園の卒業生 安武はなさんのドキュメンタリー映画(上映時間20分)

とうほく食育実践協会

「食べること」は「生きること」

 

お問い合わせ
Pagetop